NY金市況、2日は反発

【ニューヨーク共同】週明け2日のニューヨーク商品取引所の金先物相場は反発し、取引の中心となる12月渡しが前週末比5.00ドル高の1オンス=1,822.20ドルで取引を終えた。直近の8月渡しは5.50ドル高の1オンス=1,818.10ドルだった。 外国為替市場でドルが主要通貨に対して下落…

関連国・地域: 日本
関連業種: IT・通信天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:広州できょう、日系大手…(09/22)

当局、車各社への返金始めず 輸入制限打ち切りから1カ月(09/22)

国内生産の奨励策の調整を 日本企業には基準厳しく(09/22)

上汽五菱、国産半導体9割に 需給逼迫受け海外依存脱却へ(09/22)

ワクチン保冷設備などを供与、日本政府(09/22)

8月の白物家電出荷17%減(09/22)

ダイキアクシス、北部に浄化槽工場(09/22)

TPP加入、中国が正式申請(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン