嘉義県のアルミ工場でクラスター、11人感染

嘉義県の翁章梁県長は7月30日、同県水上郷のアルミ工場で新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。1日までに11人の感染が確認された。中央通信社が伝えた。 感染したのは工場の管理職と従業員、その家族。嘉義県政府衛生局によると、検査で従…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品鉄鋼・金属社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、23日はゼロ(18:46)

台湾、TPP加入を正式申請=現地報道(09/22)

テイクオフ:一体何?トイレがすごく…(09/23)

生産年齢人口、初の減少 政府調査、65歳以上は大幅増(09/23)

【アジア本NOW】『希望の一滴 中村哲、アフガン最期の言葉』(09/23)

新型コロナの域内感染、22日は1人(09/23)

青少年へのワクチン接種、5県市で開始(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン