• 印刷する

製菓オリオン、「味の現地化」でロシア攻略

韓国製菓大手のオリオンは29日、ロシア法人の累積売上高が、中国やベトナムに続き1兆ウォン(約960億円)の大台を超えたと明らかにした。業績好調の要因は、現地の文化やトレンドに合わせた製品の改良にあるという。

オリオンの看板商品「チョコパイ」は、ロシア人の好みに合わせチェリー味、ラズベリー味、カシス味など10種のフレーバーを展開。そのほか「コソミ」や「クレクイット」などのビスケット類や、飲料水「済州溶岩水」など、製品ラインアップを充実させている。

ロシア法人は2003年に設立し、06年には現地での生産体制を構築。19年以降は毎年2桁成長を続け、昨年の売上高は過去最高の890億ウォンを記録した。

■トベリ州に第3工場建設

オリオンは現在、ロシア3カ所目となる新工場をトベリ州に建設しており、22年の稼働開始を目指している。今後はロシアだけでなく、中央アジア市場の攻略も本格化する計画だ。

オリオンのロシアでの売上高は累計で1兆ウォンを超えた(同社提供)

オリオンのロシアでの売上高は累計で1兆ウォンを超えた(同社提供)


関連国・地域: 韓国ロシア
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

【2050年炭素中立】炭素中立と経済成長を両立 環境相「韓国をグリーンハブに」(09/24)

ワクチン1回目2万7000人増、接種率71.2%(09/24)

コロナ新規感染者、1716人増(09/24)

電気料金8年ぶり値上げ、燃料価格上昇で(09/24)

越にワクチン支援、10月にも100万回分(09/24)

セルトリオン、変異株治療薬の開発に注力(09/24)

セルトリオンの診断キット、米に大規模供給(09/24)

隔離なしでサイパン、トラベルバブル利用増(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン