成長見通し、下方修正相次ぐ 第3波で消費や観光への影響拡大

新型コロナウイルスの新規感染者が連日1万人を超えているタイでは、金融機関などの間で、2021年の国内総生産(GDP)成長率見通しを下方修正する動きが相次いでいる。7月に入り、感染拡大が特に深刻な首都バンコクを含む13都県で事実上のロックダウン(都市封鎖)が実施され、…

関連国・地域: タイ
関連業種: 小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイ各地で降雨量が多く…(09/28)

検疫隔離、最短7日間に短縮 「開国」は11月から段階的に実施(09/28)

【日本の税務】非居住者が役員昇格時に受け取る退職金への課税について(09/28)

感染者1万人超、過去2カ月で最少(27日)(09/28)

長城汽車、23年にタイでEV生産開始見通し(09/28)

フォード、ピックアップのシェア3位に浮上(09/28)

首都鉄道ピンクライン、工期を290日間延長(09/28)

マレーシアとの電子決済連携、来年にも開始(09/28)

JRWユーティリティー、変電所2基を受注(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン