• 印刷する

《安全》感染7.4万人に、首都は数公表せず

カンボジア保健省は27日、新たに685人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。これにより、累計感染者は7万4,386人となった。ただ、保健省発表の数字には、感染が最も拡大しているとされる首都プノンペンなどは含まれておらず、実際の感染者数はもっと多いとみられている。

27日の感染者のうち、輸入症例は262人だった。最近は近隣国のタイからの輸入症例が増加。タイで感染が広がるインド由来のデルタ株への警戒が強まっている。

こうした状況下、在カンボジア日本大使館は16日、在留邦人やカンボジアに渡航を計画している人に対し、現地の感染状況を周知するメールを配信。カンボジア保健省が発表している毎日の感染者数について、「プノンペンや南部シアヌークビル州などは発表を控えているため、これら地域の感染者数は含まれない」とし、「実際には保健省が発表している以上に国内の感染状況が悪化している可能性もある」と注意を促した。

また、近隣国でデルタ株の感染が広がる中、「カンボジアのデルタ株解析母数や最近の輸入症例数(=国境での検査で判明した件数)の推移を踏まえると、遠くない将来、カンボジア国内で感染力の強いデルタ株の市中感染が広がる可能性も排除できない状況だ」と指摘。短期渡航を検討している人に対し、渡航を中止するよう呼び掛けた。

カンボジアの新型コロナによる27日時点の累計死者数は1,324人。回復した人は6万6,725人。


関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

3回目のワクチン接種、10月11日に開始へ(09/24)

首都とシエムレアプ、コロナ規制を延長(09/24)

経済成長を1.9%に下方修正、アジア開銀(09/24)

タイ産砂糖、迂回輸出の疑いで商工省が調査(09/24)

電子商取引の事業許可、申請期限は11月末(09/23)

新投資法案、上院の委員会通過(09/23)

10月にも韓国とのFTA調印へ、商業省(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン