テレノールの売却、EU情報保護法に抵触か

ノルウェーの通信大手テレノールが先に発表したミャンマー事業の売却で、約1,800万人に上る同社の現地契約者の個人情報が国軍系企業に移管される可能性があることについて、専門家は欧州連合(EU)の「一般データ保護規則」(GDPR)に抵触する恐れがあると指摘した。独立系メ…

関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

日本の技術で国産ゴマ油製造 世界2位の産地、潜在性を発信(09/21)

軍司令官、少数民族衣装で産業振興を強調(09/21)

豪採掘の鉱山売却、市民団体などが撤回要求(09/21)

マイテル通信塔破壊、契約者70万人に影響(09/21)

調理油の高騰続く、直近3週間で約3%高(09/21)

金鉱石が不足、流通足りず古い装飾品流用も(09/21)

バングラと国境貿易、9月10日までで31%減(09/21)

鉄道への攻撃相次ぐ、ヤンゴンでも連続爆発(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン