モデルナワクチン遅延か、供給計画に影響も

米バイオ企業のモデルナが、新型コロナウイルスワクチンの生産で「問題が発生した」と、韓国側に通達していたことが分かった。韓国がモデルナと契約したワクチンは4,000万回分だが、26日午前0時までの供給は115万2,000回分にとどまっている。供給が遅れれば、接種計画にも支障を来…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、1720人増(10:59)

ワクチン1回目6525人増、接種率71.2%(11:04)

技術革新指数、韓国がアジア太平洋1位に(09/22)

JKN、通信インタッチの通販合弁を買収(09/22)

経済再開遅れで投資戻らぬ恐れ、米欧韓4団体(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン