アンモニアを発電燃料に、ポスコなど開発へ

韓国鉄鋼大手のポスコが、重電大手の斗山重工業、浦項産業科学研究院の2者と協力し、アンモニアを分解して生成した水素を燃焼してガスタービンを稼働する発電技術の開発を推進することが分かった。アンモニアを燃料とする発電技術の開発は、業界では初めてという。 ポスコと浦項…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:猫は嫌われ者――。小欄…(10/20)

【2050年炭素中立】50年には石炭火力をゼロに 急速な脱炭素シフト、財界が反発(10/20)

新規感染者1073人、死者21人増(10/20)

ワクチン完了62.9万人増、接種率65.9%(10/20)

サムスンSDI、ステランティスと合弁へ(10/20)

アジアIT人材が遠隔勤務、パソナが紹介(10/20)

セネックス、韓ポスコから8億$超の買収案(10/20)

現代自・起亜、独英でのEV販売好調(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン