• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルス警戒…

新型コロナウイルス警戒第3級の措置を一部緩和する「微解封」が始まったが、どのような行為が罰金対象となるのか判断に迷うことがある。今月8日、台北市である夫婦が自動車内でマスクを外して水を飲んだとしてそれぞれ1万5,000台湾元(約5万9,000円)以下の罰金が命じられた。ネット上では「屋外で働く人は車内で飲食している」「路上ではたばこを吸う人もいる」といった批判の声が上がっていた。

台湾衛生福利部(衛生省)中央流行疫情指揮中心は17日、外出時にマスク着用は必須だが風通しの良い屋外で人と十分な距離を取れば飲食を認めると発表。加えて自動車内では、同行者が同居家族であれば飲食しても良いとのことだ。

一方、21日時点で台北市からは関連の明確な規定が発表されていない。しばらくは、屋外での飲食は我慢することにしよう。(晶)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、28日は18人(15:34)

22年度政府予算案、歳出入共に過去最高(12:50)

テイクオフ:3カ月ほど前、自宅のノ…(07/28)

コロナ警戒第2級始まる 店内飲食を再開、地域差で問題も(07/28)

新型コロナの域内感染、27日は16人(07/28)

ワクチン希望登録再開、台湾製も選択可に(07/28)

アストラゼネカ製ワクチン、58万本が台湾に到着(07/28)

チェコが台湾にワクチン、蔡総統「深い感謝」(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン