• 印刷する

クレハ、常熟でPVDFの製造設備を増強

機能・化学・樹脂製品の製販を手掛けるクレハは20日、江蘇省常熟市で生産しているフッ化ビニリデン樹脂(PVDF)の製造設備を増強すると発表した。急速に拡大する車載用リチウムイオン電池(LiB)の需要に応える。

クレハ中国法人の完全出資子会社、呉羽(常熟)フッ素材料が市内の新材料産業園区に製造設備を新設する。第1期の年産規模は約1万トン。2024年春に完工し、夏に稼働する予定。

呉羽(常熟)は現在、同園区に年産約5,000トンの製造設備を持つ。クレハによると、江蘇省蘇州市から設備増強プロジェクトの批准を受けており、今後市場の伸長に合わせ、同園区内でさらに年産規模を5,000トン上積みする可能性があるという。

クレハはPVDF事業の収益拡大を目指しており、福島県いわき市では年産約6,000トンの工場を運営している。


関連国・地域: 中国-浙江日本
関連業種: 自動車・二輪車電機化学建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

対中貿易が1千億ドル超えへ 医療・電子で輸入急増、赤字拡大(10/29)

追加接種はビオンテック推奨 シノバック接種者に、専門家委(10/29)

今年の国内旅行者4割弱増へ コロナ抑制で、正常化には時間(10/29)

高リスク者への検査頻度増、中央が要求か(10/29)

知財保護の5年計画、経済の活力に(10/29)

【ラオス経済通信】ナムウー連続水力発電所が完成 第166回(10/29)

中小の製造業、法人税など減免へ=常務会議(10/29)

恒大会長、豪邸担保に3億HKドル借り入れか(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン