仮想通貨が代替投資先に 銀行の機能不全で、民主派も調達

ミャンマーで暗号資産(仮想通貨)への投資熱が高まっている。2月に発生したクーデター後の金融機関の機能不全やチャット安の進行を背景に、市民の間で資産の投資先として期待が大きくなっている。連動するように、民主派が設立した「挙国一致政府(NUG)」は、仮想通貨での寄…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融IT・通信政治


その他記事

すべての文頭を開く

マイテル通信塔破壊、契約者70万人に影響(13:57)

新規感染者1702人、7月以降で最少更新(17:00)

解雇の医師たちの自立後押し 邦人有志、遠隔診療などに資金(09/20)

ヤンゴン、国軍の摘発強化で35人以上拘束(09/20)

ヤンゴン、行政官がまた暗殺(09/20)

ミャンマーブルワリーの倉庫爆破、ザガイン(09/20)

高額紙幣の廃止のうわさ流布は処分、国軍(09/20)

国軍、電気料不払い運動で2兆チャット損失(09/20)

民主派政府、韓国に現地代表事務所(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン