欧州の炭素関税、韓国の輸出企業に打撃も

欧州連合(EU)が導入を予定している輸入品の二酸化炭素(CO2)排出量に応じた課税制度「炭素国境調整メカニズム(CBAM)」により、韓国の輸出企業にも大きな費用負担が発生する見通しだ。12日付ソウル経済新聞などが伝えた。 EU欧州委員会は14日(現地時間)にも、C…

関連国・地域: 韓国欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、2008人増(09/19)

ワクチン1回目42.8万人増、接種率69.0%(09/19)

経済再開遅れで投資戻らぬ恐れ、米欧韓4団体(09/21)

RCEPに大統領署名、上院承認へ(09/21)

【続・政経ウオッチ】インドネシアでの外資は主役交代なのか(09/21)

民主派政府、韓国に現地代表事務所(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン