• 印刷する

インドネシアからの入国規制、厳格化

シンガポール保健省は10日、インドネシアからの渡航者に対する入国規制を厳格化すると発表した。同国で新型コロナウイルスの感染者が増えていることが背景にある。

シンガポール国民と永住権(PR)保持者以外については、インドネシアからシンガポールへの渡航制限を即日開始。十分な安全管理対策が取られている場合のみ、入国許可を検討する。

12日午後11時59分からは、過去21日間にインドネシアへの渡航歴がある全ての旅行者のシンガポールでのトランジット(乗り継ぎ)を禁止する。

シンガポールに入国する際には、出発前48時間以内にPCR検査を受け、陰性証明書を提示することを義務付ける。現在は、出発前72時間以内の検査と陰性証明書の提示を義務付けている。

陰性証明書を持参しないでシンガポールに到着した場合、入国を認めないことがあるほか、PRや長期滞在ビザの保持者については、在留資格を取り消す場合もあると警告している。

全ての入国者に対し、政府指定の施設での14日間の待機措置(SHN)のほか、到着時と入国後14日目のPCR検査、入国後3、7、11日目の自己検査キットによる即時抗原検査(ART)を引き続き義務付ける。


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

武田薬品工業、CO2排出量ゼロのビル設置(19:18)

コアインフレ率1.1%、2年ぶり高水準に(17:39)

通信シングテル、インド同業の増資引き受け(17:39)

食品廃棄物回収の新方式、公営住宅で試験(19:10)

病院への外部立ち入り、24日から原則禁止(17:39)

新規感染1457人、過去最高を更新(22日)(17:39)

テイクオフ:新居に越してきてから約…(09/23)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「見えない商品、自販機で」「犬型ロボ、現場のお供に」(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン