下水の新型コロナ検査、対象地点を倍増へ

シンガポール国家環境庁(NEA)は、下水から新型コロナウイルスの感染状況を調査する疫学検査の対象地点を、2022年までに現在の2倍に増やす計画だ。人の排せつ物を含んだ下水中のウイルス濃度を測定することで感染状況を把握し、感染者が増える予兆を事前につかむのが狙いだ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

香港社など3者、洋上データセンター建設へ(18:36)

シノファーム製ワクチン、第2陣が到着(18:37)

新規感染1178人、3人の死亡確認(21日)(18:37)

テイクオフ:今年の中秋節は天気に恵…(09/22)

培養魚肉の研究・生産に着手 アバント社、23年にも商用化(09/22)

感染者出た職場の在宅勤務、22日に対策緩和(09/22)

政府の賃金助成制度、30日から9億ドル支給(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン