音楽教室がシニア・児童照準 日系が需要開拓、年率8%で拡大

日系楽器メーカーが中国の音楽教室事業で、新たな需要開拓に動いている。総合楽器メーカーのヤマハはシニア層をターゲットにした取り組みを本格化させ、高齢化が進行する中国で新たな需要を掘り起こす。一方、ピアノに特化する河合楽器製作所は未就学児童向けの教室などに力を入れ…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: その他製造サービス社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

豪がXマス前に渡航再開か、日本も往来調整(19:33)

テイクオフ:早朝、上海市長寧区の虹…(09/23)

アジア太平洋で配膳ロボット ソフトバンク、中国企業と提携で(09/23)

財務省、中国恒大の影響調査 インフラ整備、貿易に懸念も(09/23)

【アジア本NOW】『希望の一滴 中村哲、アフガン最期の言葉』(09/23)

住宅問題、業界に圧力じわり 政策の焦点に、中央が介入説も(09/23)

不動産企業の手元現金が減少 5年ぶり、政策効果で財務改善も(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン