日本企業、事業継続に苦慮=人権問題直面

【共同】ミャンマーのクーデターから5カ月余りが経過し、現地に進出した日本企業が事業継続に苦慮している。大規模な抗議デモが落ち着き、事業を再開する動きの一方、安全面への懸念から工場の操業停止を続けるケースもある。民衆を弾圧する国軍と関係した事業は批判の対象となり…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏無罪主張、刑法違反で正式起訴(18:58)

陽性率8.2%に低下、死者数は73人に(18:23)

軍が経済計画、「改革」後退 SEZ追加や民営化が抜け落ち(09/22)

パーム油販売を統制、チャット安で中銀方針(09/22)

金業者協会、取引量を1日10ティカルに制限(09/22)

チャウピュー開発、中国側が調査開始で契約(09/22)

スー・チー氏、防衛戦開始に「意見」示さず(09/22)

チン州の町に軍が無差別攻撃、8千人が退去(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン