原発の合法化、豪内閣が選挙公約に検討

オーストラリアのモリソン政権内で、原子力発電の合法化を次期総選挙のアジェンダの1つにすることが検討されていたことが分かった。23日付オーストラリアンが伝えた。 議論は正式な閣議の一部ではなかったが、閣僚を含む保守連合(自由党・国民党)議員らの議論では、温室効果ガ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:民放チャンネルのセブン…(07/30)

豪政府、日豪経済協定アップグレードへ(07/30)

三菱商、豪企の40%取得で排出枠事業参入(07/30)

シドニー8区域の規制更に強化、感染止まらず(07/30)

豪ワクチン希望者への接種、今年中に完了へ(07/30)

ロックダウン延長で最大30万人失業も=大手銀(07/30)

IMF、豪経済成長率予想を大幅に上方修正(07/30)

NSW印紙税収、昨年度97億$と過去最高(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン