コロナワクチン「コミナティ」受領へ=当局

シンガポール保健省は23日、米ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチン「コミナティ」を新たに受領すると発表した。実質的には現在国内で使用されているファイザー製と同じワクチンで、開発番号も同一だが、ラベル表記だけ異なるという。 シンガポールで…

関連国・地域: シンガポール米国欧州
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で暮らしていたころ…(07/27)

6月製造業生産高28%上昇 バイオ医療が好調、反動増で(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

ヤマト、地場EC物流企業に出資(07/27)

東南アジアのIPO活況、下期も継続(07/27)

医療大手ラッフルズ、中間決算は2.3倍増益(07/27)

9月に入国制限緩和も、ワクチン接種完了者(07/27)

ワクチン接種率は人口の54%、保健相(07/27)

エムテック、グラブに約410億円出資(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン