• 印刷する

テイクオフ:フィリピンの飲食店業界…

フィリピンの飲食店業界が、新型コロナウイルスのワクチン接種者を対象とした特典サービスを相次いで打ち出している。マニラ首都圏と周辺州の有名チェーン店など200社弱が参加しており、10%割引、飲料のサイズアップ、デザート無料など特典はさまざまだ。接種証明カードと身分証を提示する必要がある。

政府がワクチンの接種対象を拡大したことで、周囲にも接種を報告する友人がちらほらと増えてきた。ワクチンの種類は選べないため、調達数の多い中国製に当たる確率が高いようだ。ただ写真を見る限り、どの会場も人はまばらで、接種する人よりもスタッフの数が多かった。

接種率を引き上げようと、各国政府も推進策に奮闘しているようだ。「接種しなければ逮捕」よりも「接種すれば特典多数」の方が、「お得」に敏感な当地の国民に響きそうな気もするのだが。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

入国前の陰性証明不要に、接種済み外国人(05/27)

首都圏のコロナ規制延長、6月15日まで(05/27)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

企業優遇、対象分野明確に 新たな戦略投資計画、大統領承認(05/27)

マルコス次期政権、財務相に中銀総裁(05/27)

マルコス氏、中国に「主権譲らない」(05/27)

比海軍がスービックに基地、中国けん制(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン