大手財閥、従業員に接種開始 家族も対象、早期の感染抑止へ

フィリピンの大手財閥が先週、政府が進める新型コロナウイルスのワクチン接種計画とは別に、従業員などへの接種を相次いで始めた。家族らも対象に含め社内外の広い範囲で早期の感染抑止を見込み、企業活動を正常化したい考えだ。従業員数が多い大手財閥が率先して接種を進めること…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(16:03)

首都圏の外出制限、6日から再び厳格化(19:40)

新型コロナ、新たに8562人感染(17:53)

首都圏の外出制限、延長表明 大統領、厳格化に転じる可能性も(07/30)

外出制限、イロイロで最も厳しい措置(07/30)

新型コロナ、新たに5735人感染(07/30)

変異のデルタ株、新たに97人感染(07/30)

ワクチン月2500万回分確保、集団免疫へ(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン