米国からのワクチンが到着、250万回分

米国から提供を受けた米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン約250万回分が20日午後4時半ごろ、台湾桃園国際空港に到着した。中央通信社などが伝えた。 6月上旬に米国の上院議員らが台湾を訪問した際には75万回分を提供するとしていたが、大幅に増えた。蔡英文総統は「米台双…

関連国・地域: 台湾日本米国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、30日は21人(07/30)

2QのGDP成長7.47%、11年ぶり高水準(07/30)

製造業半数、部品不足に懸念 コロナ長期化で、業績に影響も(07/30)

新型コロナの域内感染、29日は16人(07/30)

台北市、早ければ3日に店内利用再開も(07/30)

ワクチン接種率、10月末に60%へ=指揮中心(07/30)

外国人のワクチン接種登録、保険証なしも可に(07/30)

竹科拡張が通過、TSMC2ナノ拠点に前進(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン