• 印刷する

テイクオフ:今年も果物の王様ドリア…

今年も果物の王様ドリアンの季節がやってきた。ドリアンの旬は6~8月、11~12月と1年に2回あり、特にピークは6~8月といわれる。当地ではマレーシア産が主流だが、今年は例年以上に同国から珍しい種類のドリアンが輸入されているようだ。

マレーシアでは新型コロナウイルスの感染が収まらず、ロックダウン(都市封鎖)が今月末まで2週間延長されるなど、厳しい行動制限が続いている。地元紙によると、こうした影響でドリアンを買い求める消費者が減っている。シンガポールとの間の陸路国境は、政府認可を取得した輸送業者であれば比較的円滑に通れるため、隣国で売れ残ったドリアンが例年以上に流れ込んできているという訳だ。

通常なら当地で見掛けない隣国ペナン州産などが販売されているらしい。今年こそは、苦手なドリアンを克服して珍しい商品を味わってみようか。(雪)


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 食品・飲料農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で暮らしていたころ…(07/27)

6月製造業生産高28%上昇 バイオ医療が好調、反動増で(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

ヤマト、地場EC物流企業に出資(07/27)

東南アジアのIPO活況、下期も継続(07/27)

医療大手ラッフルズ、中間決算は2.3倍増益(07/27)

9月に入国制限緩和も、ワクチン接種完了者(07/27)

ワクチン接種率は人口の54%、保健相(07/27)

エムテック、グラブに約410億円出資(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン