米21年成長率7%を予想、見通しを上方修正

【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)が16日公表した連邦公開市場委員会(FOMC)参加者による経済見通しは、2021年10~12月期の前年同期と比べた実質国内総生産(GDP)成長率が7.0%となり、前回の今年3月予想(6.5%)を上回った。22年は3.3%、23年は2.4%…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ、車両センター稼働 100億円投資、物流効率化へ(09/24)

高度外国人材の活躍を、日本で協議会設立(07:58)

「日本秋祭」香港で今年も 美食や文化、100以上のイベント(09/24)

中台のTPP加入申請が波紋 批准11カ国、対応難しい局面に(09/24)

冷蔵庫用圧縮機の製造事業閉鎖 パナソニック、700人解雇へ(09/24)

テイクオフ:2009年に8年暮らし…(09/24)

外国人観光、10月再開は困難 フーコック、受け入れ体制整わず(09/24)

8月の自動車生産10万台、過去13カ月で最低(09/24)

武田薬品工業、CO2排出量ゼロのビル設置(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン