「進撃の巨象」に夢中、対外イメージ改善に期待

【北京共同】中国で北上するアジアゾウの群れが注目の的になっている。餌不足が原因とみられ、自然保護区から異例の北上を開始し500キロほど進んだ。苦難を気遣う約100万人が国営テレビのインターネット中継を見守り、日本の人気漫画「進撃の巨人」にちなみ「進撃の巨象」との異名…

関連国・地域: 中国-雲南
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海、中国豪雨の業績影響は軽微(07/23)

高技能人材の人手不足高まる、人保省調査(14:05)

中国豪雨、iPhone出荷影響か 鴻海が現地生産、交通混乱に懸念(07/23)

上海市が新興産業の発展計画 半導体業、今後5年は20%成長へ(07/23)

25年の中古車取引、新車販売と同水準か(07/23)

中国恒大の新築、銀行が住宅ローン受付停止(07/23)

EVの火災事故相次ぐ、今年6500件(07/23)

シノバック製ワクチン、州や民間が購入可能に(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン