フィリピン航空、20年は大幅赤字

フィリピン航空(PAL)の持ち株会社PALホールディングス(PHI)が17日発表した2020年12月期連結決算は、最終損失が718億996万ペソ(約1,640億円)の赤字となった。赤字幅は前年から7倍に拡大した。コストの削減に努めたものの、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要の…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東京五輪でフィリピン史…(08/03)

首都圏などの移動制限始まる 検問所で監視、夜間外出も規制(08/03)

新型コロナ、新たに8167人感染(08/03)

首都圏でICU病床追加、月内運用へ(08/03)

ワクチン接種、累計2000万回超え(08/03)

ワクチン接種義務化法案、下院で審議へ(08/03)

輸出業界、先進国の国境炭素税を警戒(08/03)

マカティ―BGC高架歩道、来年開通へ(08/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン