• 印刷する

《安全》市中感染3345人、従業員向け接種延期(14日)

タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は14日、新型コロナの感染者が新たに3,355人確認されたと発表した。このうち市中感染者は3,345人。死者は17人だった。

市中感染者のうち、1,723人が医療機関の検査で、838人が積極的疫学調査で、784人が刑務所・拘置所で陽性判定を受けた。それ以外の10人は、海外からの帰国者だった。

市中感染者(刑務所・拘置所で確認された感染者を除く)を地域別にみると、首都バンコクが925人、西部ナコンパトム県が292人、バンコク北郊ノンタブリ県が232人、同東郊サムットプラカン県が196人、同西郊サムットサコン県が158人など。

死者のうち、バンコク在住者が14人だった。女性が10人、男性が7人で、年齢は54~85歳。このうち10人が高血圧だった。

累計の感染者は19万9,264人、回復者は15万7,944人で前日から3,530人増えた。死者は1,466人となった。

13日には7万5,128人が1回目のワクチン接種を、3万1,754人が2回目の接種を完了。累計の接種回数は618万8,124回となった。

■ワクチン接種、不透明感続く

労働省社会保険事務局(SSO)は、11日から一時停止している、社会保険に加入している民間企業従業員向けの新型コロナウイルスワクチン接種を今月28日まで延期すると改めて発表した。スチャート労働相は、14日に再開するとの見通しを示していたが、延期となった。

SSOは、今月6日以降、順調に接種を進めてきたと説明。効率よく接種を続けることを目的に、接種会場の見直しなどを行うため延期すると発表した。

SSOは会場45カ所で社会保険加入の企業従業員向けの接種を実施していたが、11日に停止。28日まで延期すると発表したが、スチャート労働相が否定していた。同相は、ワクチン不足が接種延期の理由との報道も否定している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(16:03)

日本の鉄鋼輸出量、1~6月はタイが最多(17:22)

感染者1.7万人、14日連続1万人超(7月30日)(15:46)

成長見通し、下方修正相次ぐ 第3波で消費や観光への影響拡大(07/30)

首都などに夜間外出禁止令、来月12日まで(07/30)

感染者が1.8万人、死者も最多更新(29日)(07/30)

日本人専用のワクチン接種、8月初旬に開始(07/30)

スズキ、大型バイクの新型「ハヤブサ」発売(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン