〔セブ通信〕セブランド、埋立地開発で合意

フィリピンの中部セブ市が拠点の不動産開発大手セブ・ランドマスターズ(CLI)は11日、セブ州ミングラニラで計画する埋め立て地の開発計画で当局と合意したと発表した。総事業費は200億ペソ(約460億円)で、2021年10~12月に着工する見込み。 地元の自治体、埋め立て事業を管…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに8167人感染(22:53)

テイクオフ:現行措置を延長するとし…(08/02)

首都圏で外出制限厳格化 ラグナ州も、デルタ株の感染抑制(08/02)

新型コロナ、新たに8735人感染(08/02)

外出制限、中部セブなどで厳格化(08/02)

地場航空3社、厳格措置で一部運休(08/02)

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(08/02)

接種者の入国隔離短縮、対象51カ国に減(08/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン