台湾系工場、1100人出社停止 製靴大手、南部でも影響拡大

ベトナムで広がる新型コロナウイルスの感染第4波による生産活動への影響がさらに広がってきた。ホーチミン市では台湾の製靴受託世界大手、宝成工業の工場で9日までに従業員1人の感染が確認され、数百人の強制隔離を含め1,100人以上が出社できなくなった。北部の工業団地が中心だ…

関連国・地域: 台湾ベトナム日本
関連業種: 電機医療・医薬品繊維その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

週末の市中感染634人増、4月から7千人超え(18:09)

台湾系工場、1100人出社停止 製靴大手、南部でも影響拡大(06/11)

新規感染211人増、バクニンでも再び拡大(06/11)

ベトナム開催の東南ア競技大会、1年延期か(06/11)

ダナン市、条件付きでビーチなどを再開(06/11)

ベトジェット、トラベルパスを試験導入(06/11)

製靴業界、輸出好調も調達網多様化が課題(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン