日系2社、豪で初の太陽光発電 来年10月以降に運転開始へ

双日と石油元売り大手ENEOS(エネオス)は10日、オーストラリアでそれぞれ初となる太陽光発電事業を、クイーンズランド(QLD)州ウェスタンダウンズ地区で共同で行うと発表した。シンガポールの再生可能エネルギー事業会社DPIソーラー3から、最大発電容量が204メガワッ…

関連国・地域: シンガポールオーストラリア日本欧州
関連業種: 電機金融建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:息子が通う保育園の保護…(07/23)

NEC、スマートシティー参画 西シドニーで仏企と覚書(07/23)

NTT都市開発、メルボで住宅開発用地取得(07/23)

〔政治スポットライト〕日本は全力で豪州を支援=山上駐豪大使(07/23)

シドニー感染者が増加の一途、外出者減らず(07/23)

モリソン首相が謝罪、ワクチン接種の遅れで(07/23)

財界が労使制度の再緩和を要求、政府は静観(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン