コロナ感染が今後の輸出を左右、財政部見解

台湾財政部(財務省)は8日、新型コロナウイルスの感染状況と米中貿易協議が今後の台湾の輸出を左右する要素になるとの見解を示した。域内では5月中旬から感染が急拡大し、半導体関連企業でクラスター(感染者集団)が発生するなど影響が広がっている。9日付経済日報が伝えた。…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、30日は21人(16:09)

2QのGDP成長7.47%、11年ぶり高水準(17:49)

製造業半数、部品不足に懸念 コロナ長期化で、業績に影響も(07/30)

新型コロナの域内感染、29日は16人(07/30)

台北市、早ければ3日に店内利用再開も(07/30)

ワクチン接種率、10月末に60%へ=指揮中心(07/30)

外国人のワクチン接種登録、保険証なしも可に(07/30)

竹科拡張が通過、TSMC2ナノ拠点に前進(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン