韓国SK、南部カントー市で水素事業を模索

韓国の複合企業SKグループが、ベトナムで水素事業の展開を模索している。18日には南部カントー市人民委員会と事業化の可能性について協議し、人民委側が実施が見込めそうな工業団地を提案した。国営ベトナム通信(VNA)が同日伝えた。 SKは、液化天然ガス(LNG)イン…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

中部省の車生産拠点に社員寮 地場大手、規制長期化にらみ(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

市中感染7859人増、4波の累計10万人超え(07/27)

コロナ拡大直撃、トヨタ・ホンダが工場停止(07/27)

繊維業界の受注停滞、外資が他国へ切り替えも(07/27)

韓国サムスン、HCM工場の稼働率4割以下(07/27)

ホーチミン市の外出制限、宅配にも影響(07/27)

配車アプリ運転手、所得税率1.5%に上昇へ(07/27)

グローバルトランス、航空事業の認可取り消し(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン