• 印刷する

農作物商社オラム、米香辛料企業の買収完了

シンガポールの農作物商社オラム・インターナショナルは18日、食品原材料部門オラム・フード・イングリーディエンツによる米国の香辛料製造・販売会社オールド・トンプソンの買収が完了したと発表した。

オールド・トンプソンは、米国で香辛料をプライベートブランド(PB)で製造・販売している。オラムは4月29日、オラム・フード・イングリーディエンツがオールド・トンプソンの全株式を9億5,000万米ドル(約1,036億円)で取得すると発表していた。

オラムは、オラム・フード・イングリーディエンツの世界的な香辛料のサプライチェーン(調達・供給網)と、オールド・トンプソンの顧客基盤、香辛料配合・調合のノウハウを持ち寄ることで大きな相乗効果が見込めると説明している。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 食品・飲料農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

不動産キャピタランド、中国でPEファンド(15:41)

テイクオフ:「きょうのお昼は何を食…(06/24)

東南・南アジアの新興企業支援 米団体、海洋プラごみ削減へ(06/24)

5月CPIは2.4%上昇、7年半ぶり高水準(06/24)

国内富裕層、20年は27万人=クレディスイス(06/24)

サンウエー、ヘルスケア事業の一部株式売却(06/24)

入国後の待機期間、14日間に短縮(06/24)

政府がICT支出拡大、中小からの調達強化(06/24)

複合企業ケッペル、「水上都市」の開発検討(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン