• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕オーストラリアの世代間格差、7年ぶり縮小

オーストラリアの保険数理士の業界団体アクチュアリーズ・インスティテュートの世代間格差指数(AAIEI)によると、過去12カ月間に経済や社会、健康面での若年層(25~34歳)と高年層(65~74歳)の格差が2013年以降で初めて縮小した。ただ、退職者で住宅確保に援助が必要なケースが増えるなど、問題も浮き彫りになっている。17日付シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。

指数は通常、預金や資産が多い高年層が若年層を上回り、格差は13年以降急速に拡大していた。調査リポートでは、今回格差が縮小に転じた背景として、若年層の平均余命の改善、初回住宅購入者の増加、連邦政府による労働者支援策などを挙げている。

同時に、高年層の指数低下も格差縮小の要因となった。ホームレス対策サービスの利用が最も多いのが若年層であることに変わりはないが、過去1年間に需要が最も大きく伸びたのは高齢層だった。

エコノミストらは新型コロナウイルス危機に際し、接客業など社会封鎖で最も影響を受けやすい仕事に就いている可能性が高い若年層の財務状況の悪化を警戒していたが、今回の結果は若年層を取り巻く状況が意外にも良くなっていることを示した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニー北部のある駅の…(06/18)

豪5月失業率5.1%、コロナ前水準まで回復(06/18)

給与補助終了で解雇の社員、大企業が再雇用(06/18)

最低賃金引上げ、雇用市場に悪影響=豪財界(06/18)

記事対価が世界的課題、ネット普及で紙媒体不振(06/18)

過去10年の豪生活水準、50年代以降で最低水準(06/18)

株価急落のネット販売セタイア、豪紙を非難(06/18)

豪の倉庫需要拡大、オンライン販売急増で(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン