外食苦境、日本食材に影響も コロナ第3波での落ち込み必至

新型コロナウイルス感染症の第3波が猛威を振るう中、外食産業の苦境が続いている。とりわけ日本産食材の重要な商流を担う日本食を提供する飲食店の状況が懸念される。日本貿易振興機構(ジェトロ)バンコク事務所が今年1月にまとめた調査では、客足の回復を指摘する店舗も増えて…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国ドラマ「イカゲーム…(10/20)

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(10/20)

感染者9122人、7日ぶり1万人下回る(19日)(10/20)

マツダ、SUV「CX―8」の新モデル投入(10/20)

ラオス中国鉄道が12月開通、貿易拡大に期待(10/20)

中部・東北部間高速道、年内に設計変更完了(10/20)

運輸省、首都空港の追加拡張計画を協議へ(10/20)

GPSC、法人の屋根置き太陽光の普及促進(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン