• 印刷する

《安全》45歳未満のワクチン接種、5月後半にも開始

シンガポールのガン・キムヨン保健相は11日の国会で、5月後半にも新型コロナウイルスのワクチン接種対象を45歳未満に拡大すると発表した。ワクチンの供給量が限定的であることから、細かい年齢層に分ける計画だ。

ワクチン供給がスケジュール通りに進めば、年内にも全住民の接種を完了できる見通しという。シンガポール政府は外国人を含む居住者を対象に、希望者に無料で新型コロナワクチンを提供している。

5月9日時点で、約180万人が少なくとも1回目のワクチンを接種し、うち約120万人が2回目の接種も完了した。45歳以上でワクチン接種が可能な人のうち約3分の2が、既に接種したか、接種を予約したという。

シンガポールでは現在、米ファイザー製のワクチンが16歳以上、米モデルナ製が18歳以上で、それぞれ接種が認められている。ファイザー製ワクチンについては、保健科学庁(HSA)が12~15歳への接種が可能か審査を行っている最中だ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:約5週間ぶりにレストラ…(06/22)

施設の生産性、先端技術で向上 日本へ迫る長寿国に商機(中)(06/22)

首都圏で一般成人向け接種開始 人口の8割、大幅に前倒し達成も(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

飲食店、コロナ検査義務化へ準備(06/22)

シンガポール航空と全日空の提携、意見公募へ(06/22)

南洋理工大、学士課程に「代替肉」講座開設(06/22)

西部浄水場を大規模改修、スマート技術導入(06/22)

職場への不満、世界最悪水準(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン