• 印刷する

テイクオフ:「鼻水出てますね」。最…

「鼻水出てますね」。最近一番緊張する瞬間だ。コロナの流行が始まってから、1歳9カ月の息子が通う保育園では毎朝、門の前で検温と健康状態のチェックがある。わが家はこれを「恐怖の鼻水チェック」と呼んでいる。コロナ前は「親御さんも忙しいでしょうから」と多少の鼻水くらいなら預かってくれていたが、今はマレーシア政府の通達で、風邪の症状があると判断された子どもは預かり拒否となるのだ。

先日など、朝から元気いっぱいだった息子が、保育園に行く道すがらくしゃみを一発。疑われてはまずいとあわてて顔を拭いたが、保育園に着いたとたん担任の先生の目が光った。「風邪をひいているのではありませんか。今日は預かれません」。

他の園児たちにうつすといけませんから、と言われれば仕方がない。トボトボと引き返す道のりは、13キログラムの息子がさらに重たく感じた。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

非必需品の積み下ろし、日時限定で容認(14:52)

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

給与や経営状況重視が増加 就労者など、コロナ禍で安定求め(06/18)

「早急に議会再開を」、国王が声明(06/18)

車部品FPI、マレーシア封鎖で受注拡大(06/18)

新規感染5738人、3日連続5千人台(06/18)

RM1=26.7円、$1=RM4.14(17日)(06/18)

国内5地域、8月までに8割接種完了へ(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン