• 印刷する

テイクオフ:近所のショッピングセン…

近所のショッピングセンターにある大手銀行支店から現金を預金する際、現金自動預払機(ATM)の預金機能を試した。

表示された投入額を見ると、自分が入れたつもりの額よりも150豪ドル(約1万2,814円)少ない。自分の思い違いで少なく入れたのかと思い、手続き続行ボタンを押しかけたが、ふとやめた。キャンセルして紙幣を数えると、自分が思っていた額だった。もう一度紙幣の枚数を数え直し、同じ銀行の別のATMで預金すると、今度は50豪ドル少なかった。キャンセルして戻ってきた枚数は、今度も自分が投入した額だった。

仕方なく、誰も並ばず暇そうにしていた行員のいる窓口で預金した。大手銀行は最近、コスト削減で支店を減らす方針だ。しかし人件費を減らすだけでなく、問題を抱えるATMも減らしたいのではないかと勘ぐっている。(欣達)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

炭層メタンガス、22年に国内初の生産開始へ(17:09)

テイクオフ:シドニー北部のある駅の…(06/18)

豪5月失業率5.1%、コロナ前水準まで回復(06/18)

給与補助終了で解雇の社員、大企業が再雇用(06/18)

最低賃金引上げ、雇用市場に悪影響=豪財界(06/18)

記事対価が世界的課題、ネット普及で紙媒体不振(06/18)

過去10年の豪生活水準、50年代以降で最低水準(06/18)

株価急落のネット販売セタイア、豪紙を非難(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン