加担回避の具体策答えず、「事態注視」

【共同】クーデターを実行したミャンマー国軍や国軍系企業に関連した取引を行っていた日本企業の多くは事業見通しについて事態の推移を「注視」すると回答し、事業資金が国軍の活動費となるなど間接的な人権侵害関与を防ぐための具体的措置に関しては言及を回避した。 国軍系企業と…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料鉄鋼・金属金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー武器流入阻止を、国連総会で決議(20:43)

スー・チー氏解放願い、東京で集会(20:17)

軟禁先分からず資金不足も、スー・チー氏76歳に(20:15)

17日までの犠牲者、865人で前日と変わらず(06/18)

新規感染362人、陽性率8.7%で高止まり(06/18)

宝石に制裁、ブランドが敬遠 取引の不透明さから疑問の声も(06/18)

月内にも難民認定申請、帰国拒否のサッカー選手(06/18)

帰国させる理由ない=京都大・中西准教授(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン