王府井集団の1Q決算、消費回復で6割増収

中国百貨店大手の王府井集団(北京市)がこのほど発表した2021年第1四半期(1~3月)決算は、売上高が前年同期比63.6%増の24億8,700万元(約419億9,200万円)、純損益は2億6,300万元の黒字だった。前年同期は新型コロナウイルスの影響を受けて販売が激減し、2億200万元の赤字…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:広州できょう、日系大手…(09/22)

中国との経済関係強化を急ぐ TPPの参加申請も近く決断か(09/22)

国内生産の奨励策の調整を 日本企業には基準厳しく(09/22)

上汽五菱、国産半導体9割に 需給逼迫受け海外依存脱却へ(09/22)

TPP加入、中国が正式申請(09/22)

チャウピュー開発、中国側が調査開始で契約(09/22)

「貿易障壁取り除く」習氏、TPP意識か(09/22)

対米追加関税の除外延長、81品目(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン