不動産開発業者の利益率低下、コスト増大で

シンガポールの不動産開発事業者の利益率が低下していることが、シンガポール国立大学(NUS)の不動産都市研究機関(IREUS)の調査で明らかになった。労働者不足などを受けたコスト増大が大きな要因となっている。 不動産都市研究機関は24社を対象に、2021年1~3月期…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

店内飲食21日に解禁、2人組まで可(16:33)

国際競争力ランク、世界首位から5位に後退(14:43)

ドバイ主導の貿易振興制度 東南アジア4カ国も加盟(06/18)

シンガポール航空、業績が回復基調に(06/18)

5月輸出額は9%増、6カ月連続プラス成長(06/18)

3月求人数、過去最高の6万8400件(06/18)

飲食業界の労災事故、年率9%増加(06/18)

JCB、ASEAN事業創造部を新設(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン