• 印刷する

テイクオフ:街中に「青空イートイン…

街中に「青空イートイン」が増えた。コンビニエンスストアなどの入り口の外に、強引に置かれたテーブルと椅子。明らかに敷地外に見える場所もあるが、商品を購入した来店客が利用するなど、重宝されていた。

新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、政府が外出・移動制限措置を厳格化したため、飲食ができる店はしばらく店内飲食が禁止された。現在も座席数の10%しか認められていないが、屋外席は規制が緩い。小売り・飲食の店舗はあの手この手で対策を練っているのだろう。

逆に強みを発揮しているのが屋台飯。据え置き型から移動式まで、通り過ぎるたびに盛況で売り上げが落ちているようには見えない。コロナ前から青空イートインなのだから当然か。それにしても、厳しい外出制限下でも客が多い。長期化する制限措置から発生する社会問題の縮図を見たような気分になった。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏の外出制限、緩和機運 感染リスク減、ワクチン接種進む(06/25)

マニラ市長、集団免疫「9月に獲得」(06/25)

新型コロナ、新たに6043人感染(06/25)

ベニグノ・アキノ氏死去、前大統領(06/25)

各界から哀悼の意、アキノ氏死去で(06/25)

アキノ前大統領死去、10日間の服喪(06/25)

加藤氏「関係強化に貢献」、比前大統領死去で(06/25)

中銀、6会合連続で政策金利据え置き(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン