スーパーや百貨店軒並み赤字 20年決算、コロナや行動制限直撃

インドネシアの上場スーパー、百貨店の2020年決算が出そろった。実店舗の小売事業は行動規制や購買力の減少、電子商取引(EC)の普及加速など新型コロナウイルスの影響が大きく表れる業界だけに、2桁減収や赤字が目立った。 百貨店「西武」「そごう」や高級スーパー「ザ・…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ディーゼル発電358カ所、太陽光に転換へ(16:50)

日本旅行、オンライン買い物ツアー初開催(16:45)

テイクオフ:コロナ下での2度目のレ…(05/17)

イオン、コロナで客単価倍増 購買行動変化、食品や自転車拡大(05/17)

民間ワクチン1回32万ルピア=保健相通達(05/17)

アストラ製ワクチン、一部バッチの使用停止(05/17)

スマトラ石炭ガス化事業、米ガス大手が合意(05/17)

22年のVAT引き上げ、税務局が2案を検討(05/17)

2QのGDP成長率、7%の見通し=調整相(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン