【危機のサムライ経営者】困窮する村「待つ人がいる」 NPOの医師、混乱下も巡回続く

ミャンマー最大都市ヤンゴンから車で約6時間。医師の名知仁子(58、敬称略)が運営する非営利組織(NPO)と手を携え、病気を減らし、家族が食べるための菜園をつくってきた村の生活が、2月の軍事クーデター後の経済停滞で困窮している。政変による混乱で支援活動は制限される…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

13日もドル売り介入、2日連続(05/14)

クーデター後の犠牲者、3人増の788人に(05/14)

チン州ミンダットに戒厳令、抵抗激化で(05/14)

解放の北角さん帰国、「多くの人にお礼」(05/14)

解放の北角さん、全日空便で成田に到着(05/14)

解放の北角さん帰国、健康状態に問題なし(05/14)

北角さん搭乗の全日空便が出発(05/14)

北角さん解放、帰国の途に(05/14)

北角さん、近く帰国=茂木外相(05/14)

北角さん、きょう解放へ(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン