• 印刷する

【食とインバウンド】代替食品に流れ込むマネー

第22回

脱炭素化に向けて世界の動きが加速しています。今月米国のバイデン大統領が主催する気候変動サミットが開催されました。40の国・地域と機関の代表らが参加して温室効果ガスの削減に向けた政策が協議され、今後の世界経済の行方をも占う発表が相次ぎました。特にバイデン大統領が打ち出しているグリーン政策は過去最大規模の公共投資であるため、大きな注目を集めています。そこで今月は、脱炭素化の中の食とマネーについて考察します。

■相次ぐ目標引き上げ

サミットでは各国首脳からこれまで以上に踏み込んだ発言が相次ぎました。バイデン大統領はこれまで温室効果ガスの排出量を2025年までに26%~28%(05年比)削減する目標を掲げていましたが、今回それを50%~52%へと削減目標を大幅に引き上げました。

世界最大の排出量である中国は昨年掲げた「60年までに実質ゼロを目指す」ことは変えなかったものの「30年までにピークを迎える排出量をその後の30年間で実質ゼロにするには大変な努力を要する」として、各国に理解を求めました。

日本の菅総理は政権発足後に「30年目標は26%減(13年比)とし、50年には排出ゼロを目指す」としていましたが、今回のサミットでは「30年に46%削減」とこちらも目標を上積みしました。ただ具体策についてはまだはっきりしていません。エネルギーミックス(電源構成)の議論がまとまっていないからです。政府は再生可能エネルギーの比率を増やそうとしていますが、世論の影響もあって、原発の位置づけすらまだ定まっていないのが現状です。

いずれにせよバイデン政権は消極的だった前政権のエネルギー政策を大きく転換しました。そして各国は、環境問題が世界共通の差し迫った脅威であることを改めて思い知らされたのでした。

■マネーは代替食品へ

脱炭素化に向けての食で注目されているのは、フードセキュリティ、アグリテック、フードテックです。バイデン政権は200兆円のインフラ計画の中で環境対策を重要な投資分野と位置づけ、「行動した国はクリーンエネルギーブームの恩恵を受けるだろう」とまで述べています。そうした背景から、今特に投資資金を集めているのが代替食品です。

図は動物性食品を代替するタンパク質の開発案件への投資の推移を示しています。ご覧のように17年以降資金調達した案件は急増し、20年は前年の3倍となる31億ドル(約3,300億円)に至りました。中でも植物性食品が圧倒的なシェアを占めており、代替肉、代替乳、代替卵といった商品に投資マネーが流れ込んでいるのが確認できます。

ついでシェアが大きい発酵タンパク質は、微生物由来のタンパク質でつくられる乳製品や肉製品を指します。畜産と比べ使用する土地、水、温室効果ガスが圧倒的に少なく、近年開発する企業が増えています。マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏や元米副大統領のアル・ゴア氏も投資している新興分野です。

■これから注目される日本の食材

盛り上がる米国ほどではありませんが、日本でも資金調達のニュースが続いています。代替肉を開発するネクストミーツ(東京都新宿区)は今年1月、米国の新興市場であるОTCブルティンボードに上場を果たしました。同社は日本国内やシンガポ−ルでの販売を加速させているだけでなく、今後米国はじめ各国に生産拠点を設けることも発表しています。創業から7カ月での上場は異次元の成長と評され、今後の動きに注目が集まっています。また、大豆由来の植物肉原料を開発・製造するDAIZ(熊本市)は、今月シリーズBラウンドにおいて18億5,000万円の調達を発表しました。累計資本調達額は30億5,000万円で、代替肉新興企業としては国内最大となっています。 

このように、国内の代替食品への投資は植物肉関連のものが多いのが現状です。しかしながら本連載16回でご紹介した通り、米国の代替食品市場の売上トップは植物性乳で、その売上高は植物性肉の2倍以上です。つまり日本では、今後新たな代替食品が多数出現する可能性があると考えられます。

例えば海外の投資家は、日本の発酵技術に関心を寄せています。特に日本特有の発酵カビである麹菌は旨味を引き出す上添加物なしでも貯蔵性が高いとして注目されています。先述の代替食品がフードテックと言うのであれば、日本の発酵技術はいわば日本古来のフードテックと言えます。従って今後は、こうした発酵技術やブランドをもつ企業や新興企業だけでなく、老舗企業への投資も期待されます。コロナが落ち着いて訪日客が戻ってくる頃、海外投資家による日本の新旧フードテック探しが流行するかもしれません。

<プロフィル>

横山 真也

フードダイバーシティ株式会社 共同創業者

フリーフロム株式会社 共同創業者

キャリアダイバーシティ株式会社 共同創業者

ヨコヤマ・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役

2010年日本で独立開業後、12年シンガポール法人を設立。14年ハラールメディアジャパン株式会社(現フードダイバーシティ株式会社)、19年フリーフロム株式会社、20年キャリアダイバーシティ株式会社を共同創業。
日本と海外での500社以上のプロジェクトマネージメントが評価され、16年シンガポールマレー商工会議所から起業家賞を受賞(日本人初)。著書に「おいしいダイバーシティ~美食ニッポンを開国せよ~」(ころから株式会社)。ビジネス・ブレークスルー大学大学院経営学研究科修了(MBA)、同大学および東洋大学非常勤講師。


関連国・地域: マレーシアインドネシアフィリピン日本米国
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

比航空HD、増資を計画 287億円、ANAHDの比率低下へ(10/18)

【書籍ランキング】9月30日~10月6日(10/18)

9月の乗用車販売、4割減 人気モデルの納車待ち解消されず(10/18)

【この人に聞く】コロナ下でも10%増収へ タカギセイコー合弁、減税効果も(10/18)

IT最新技術の研修施設、日本支援で設置(10/18)

トヨタ、11月は10万~15万台減産(10/18)

9月の二輪販売、17%減の153万台(10/18)

日鉄が中国勢に徹底抗戦、脱炭素技術の覇権争い(10/18)

ドンドンドンキ、東部タンピネスに11号店(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン