潜水艦酸素は24日未明まで、磁気反応探知

【ジャカルタ共同】53人が乗ったインドネシア海軍の潜水艦がバリ島北方沖で消息を絶った事故で、海軍のユド参謀総長は22日、記者会見で、艦内の酸素は24日未明に尽きる計算になることを明らかにした。また捜索で、水深50~100メートルの海中で磁気反応を探知したとし「潜水艦である…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

1~4月セメント販売量、前年同期比16%増(05/11)

22年のVAT引き上げ、税務局が2案を検討(05/11)

アパレル儒鴻、インドネシア工場年内稼働へ(05/13)

事業モデルの進化へ手応え MUFGの東南アジア戦略(5)(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン