モス、コロナ禍で反転攻勢 出店戦略見直し、100店目指す

ハンバーガーチェーン大手の「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは、新型コロナウイルス禍のフィリピンで反転攻勢をかける。コロナ禍により店舗賃料など固定費が抑えられる状況を好機とみて出店戦略を見直し、2021年は約7,000万ペソ(約1億5,700万円)を投じて商業施設…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:店内に一歩踏み入れると…(06/14)

国内で接種、入国隔離を短縮 16日から開始、施設で7日間に(06/14)

新型コロナ、新たに7302人感染(06/14)

首都圏などの活動制限緩和、屋内施設など(06/14)

感染対策シール、115社に付与=貿産省(06/14)

トヨタ、2年ぶりに販売店開設(06/14)

日本への食肉輸出、対象品目が拡大(06/14)

国鉄の南長距離事業、設計入札など開始(06/14)

4月の政府インフラ支出、反動で45%増(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン