• 印刷する

テイクオフ:黒いうわさが絶えないイ…

黒いうわさが絶えないインドネシア製コロナワクチンの生産が始まったら、他のワクチンを選べる余地はなくなるのではないか。そうなる前に早急に接種すべきか。国内で開発された呼気のコロナ検査器が一気に普及するのを横目にそう考えていたが、国産ワクチン計画は頓挫した。何がどう転ぶか分からないものだ。

NNAがインドネシアの日系企業などに実施したアンケートでは、回答者の大半が国内でのワクチン接種に不安を示した。多くの医者が接種を推奨しているのに不安になるのはよく分かる。素人なりに合理的に判断したいが判断材料が乏しく、かつその信ぴょう性に疑問を持ってしまい前に進めない。

個人の行動ならまだしも、会社規模の指針となると判断はさらに難しくなる。コロナ禍でこうした手探りの決断が絶えない経営者の心労を思うと敬服せざるを得ない。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1~4月セメント販売量、前年同期比16%増(05/11)

22年のVAT引き上げ、税務局が2案を検討(05/11)

アパレル儒鴻、インドネシア工場年内稼働へ(05/13)

事業モデルの進化へ手応え MUFGの東南アジア戦略(5)(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン