日米が楽天を共同監視、中国への情報流出警戒

【共同】日米両政府が、経済安全保障の観点から楽天グループを共同で監視する方針を固めたことが20日分かった。中国IT大手の騰訊控股(テンセント)子会社が3月に大株主となったことで、日米の顧客情報がテンセントを通じて中国当局に筒抜けになる事態を警戒。日本政府が外為法…

関連国・地域: 中国日本
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

帰国邦人専用PCR施設、グルガオンに設置(05/13)

解放の北角さん、全日空便で成田に到着(05/14)

膨らむ日本企業の商機 半導体をつくる島の未来(4)(05/14)

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(05/14)

シンガポール航空、成田経由LA線を再開(05/14)

【アジア三面記事】学友3人救った青年(05/14)

森永乳業、ベトナムの同業エロヴィ買収(05/14)

JOGMEC、比の石油備蓄構築へ調査(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン