• 印刷する

DBS銀、燃料用石炭企業への融資中止

DBS銀行は、低炭素社会の実現に向け、燃料用石炭を取り扱う企業への融資を段階的に中止する=4月、シンガポール中心部(NNA撮影)

DBS銀行は、低炭素社会の実現に向け、燃料用石炭を取り扱う企業への融資を段階的に中止する=4月、シンガポール中心部(NNA撮影)

シンガポールの金融最大手DBSグループ・ホールディングスは16日、気候変動対策や低炭素社会の実現に向けた取り組みの一環として、燃料用石炭を取り扱う企業への融資を段階的に中止すると発表した。2039年までに、石炭鉱業や発電業を含む全ての燃料用石炭取り扱い企業との関わりをやめる計画だ。

同様の取り組みは国内の銀行として初めて。まず同日から、燃料用石炭を使った事業で売上高の25%以上を稼ぐ企業を、新規顧客とすることを中止する。徐々に基準となる売上高の比率も引き下げる。

26年1月からは、燃料用石炭関連の事業が売上高の半分以上を占める企業に対し、融資を中止。その後、段階的に基準の比率を引き下げる。対象企業の非燃料用石炭事業や、再生可能エネルギー事業は引き続き融資対象とする。

DBSは、毎年発行する持続可能性報告書で燃料用石炭事業を手掛ける企業との取引状況を公開し、目標に向けた進捗(しんちょく)を明らかにしていく方針だ。

同銀は昨年、「サステナブル移行金融枠組み」を立ち上げていた。16日の声明では、同枠組みを活用し、サステナビリティー・ローン(資金の使途を環境・社会面に配慮した事業に限定した融資)などを通じて顧客の脱炭素化を支援すると改めて強調した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(05/17)

在宅勤務基本、店内飲食禁止 16日から、経路不明の感染増で(05/17)

学校を在宅学習に移行、19日から10日間(05/17)

ワクチン2回目の接種時期、割当増へ延期も(05/17)

台湾からの渡航者、待機措置の対象に(05/17)

ベトナムからの渡航者、自宅待機不可に(05/17)

シンガポールとの往来再開、26日開始厳しく(05/17)

チャンギ空港と隣接商業施設、一般立入禁止(05/17)

海外感染者の66%、南アジアから入国(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン