異物検知の実証実験第2期開始、首都空港で

マレーシアの空港運営会社マレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は14日、クアラルンプール国際空港(KLIA)で滑走路の高精度異物検知システム(FODDS)の第2期実証実験を開始すると発表した。 MAHBは2019年から、最新鋭のレーダーを採用したタワー…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マレーシア国民ら、政府便でインドから帰国(05/12)

テイクオフ:「鼻水出てますね」。最…(05/12)

ソフトバンク、アジア強化へ 同業アクシアタのAI部門と提携(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン